ビューカードをApplePayに登録するとさらに便利に!登録手順を分かりやすく解説

最終更新日:
ビューカードをApplePayに登録するとさらに便利に!登録手順を分かりやすく解説

モバイル決済サービスの機能を搭載したスマートフォンであれば、その機能を利用してスマートフォンにSuicaの機能を付ける事ができます。
iPhoneでも「iPhone7」よりモバイル決済サービス「ApplePay」が搭載され、その機能を利用してSuicaを利用している人も少なくはないでしょう。

私もApplePayでSuicaを利用しているわ!だけど、ApplePayのSuicaを利用する為には、チャージ用のクレジットカードが必要なのよね…。おすすめのクレジットカードは何かないかしら?

Suicaにチャージするためのクレジットカードで、非常に相性が良いのはビューカードじゃ!ApplePayでSuicaを利用している人は、ビューカードを利用した方が便利でお得じゃぞ!

本記事では、ビューカードをApplePayに登録してSuicaを利用する方法や注意点等について紹介していきます。

ApplePayにビューカードを登録する方法

ApplePayにビューカードを登録する方法は二通り

ApplePayにビューカードを登録してSuicaを利用する場合の方法は、以下2つの方法があります。

  • Walletアプリを利用する方法
  • Suicaアプリを利用する方法

WalletアプリはApplePayが搭載されたiPhoneに、標準搭載されているアプリケーション。
SuicaアプリはJR東日本が提供しているアプリケーション(App Storeからダウンロード)です。

どちらでもビューカードとSuicaを登録し、ApplePayで利用する事が可能です。

Walletアプリにビューカードを登録する方法

手順その1

iPhoneのホーム画面にある「Wallet」アプリを起動し、画面右上の「+」アイコンをタップします。
カードの種類を選択する画面が表示されるので、ここで「クレジット/プリペイドカード」をタップして下さい。

手順その1

手順その2

カードを読み込むカメラが起動しますので、枠内に手持ちのビューカードを収めて読み込みを行いましょう。
情報の読み込みが完了したら、カード情報の確認画面が表示されますので、「次へ」をタップ。

次に、不足しているカード情報を入力し、「次へ」を選択し、利用条件画面にて「同意する」をタップして下さい。

手順その2

手順その3

最後にカード認証として「SMS」または「ビューカードに発信」を選択し、認証コードを発信。

SMSの場合、自身のスマートフォンに認証コードが送信されますので、それが届いたら、アプリ上の「カード認証」画面にて、認証コードを入力します。
「アクティベート完了」と表示されれば、ApplePayでビューカードが利用可能となります。

手順その3

Suicaアプリにビューカードを登録する方法

Suicaアプリをインストールしていない場合は、App StoreよりSuicaアプリをダウンロードして下さい。

まだSuicaを持っていない場合の手順

Suicaアプリを起動して、画面下の「Suica発行」をタップ後、Suica発行画面が起動したら「My Suica(記名式)」を選択して下さい。
Suicaの会員規約等を確認の上「会員登録」をタップし、同意確認画面にて「同意する」をタップして下さい。

Suicaアプリ登録方法

次に「SFチャージ」という画面が表示されますので、「金額を選ぶ」をタップし、チャージ金額を選択。
「支払い方法」が表示されたら「ご登録いただいたクレジットカード」をタップします。

「ApplePayにカードを追加」という画面が表示されたら、「次へ」をタップし、利用条件確認画面にて「同意」を選択して下さい。
更に次の画面で「次へ」をタップすると、SuicaアプリにSuicaおよびビューカードが登録されます。

既にSuicaを持っている場合の手順

Suicaアプリを起動し、「カード取り込み」を選択し、「発行手続き」をタップ。
自動的にWallet画面が表示されますので「続ける」をタップし、カードの種類を選択する画面で「Suica」を選択します。

「Suicaを追加」という画面が表示されたら、SuicaID(Suicaカード裏面の下部に印字された番号の下4桁)を入力して下さい。

カード転送画面が表示されたら、SuicaカードをiPhoneの上部に置き、情報の転送を開始します。
これでSuicaの登録作業は完了です。

Suica読み取り方法

SuicaアプリのSuica一覧より「チケット購入・Suica管理」を選択し、管理メニューより「登録クレジットカード情報変更」を選択して下さい。
情報登録入力画面にて、ビューカードの情報を入力して「次へ」をタップ。

セキュリティコード画面にてセキュリティコードを入力し「次へ」をタップすると、ビューカードの登録設定は完了です。

WalletアプリとSuicaアプリの違い

標準搭載されているWalletアプリを利用すれば、らくらくApplePayにSuicaとビューカードが登録出来るし、わざわざSuicaアプリを利用しなくても良いんじゃないですか?

うむ。ApplePayで利用するだけなら、Walletアプリだけで問題はないじゃろう。じゃが、Suicaアプリでしか利用できない機能もあるんじゃ。

Suicaアプリでしか利用できない機能は、以下の通り。

  • 新規での定期券購入
  • オートチャージ機能
  • ビューカードのポイント(JRE POINT)をSuicaへチャージ
  • Suicaグリーン券およびSuica特急券の購入

Walletアプリだけだと、いろいろな機能が制限されてしまうので、ビューカードの利便性やお得度が下がってしまいます。

よりビューカードの利便性やお得度を上げたいのであれば、Suicaアプリの利用がオススメですよ。

ビューカード一体型のSuicaはApplePayに登録できない!

ApplePayでは、これまで利用していたSuicaを取り込み、引き続きiPhoneで利用する事が可能です。

ただしビューカード一体型のSuicaに関しては、ApplePayに情報を転送する事はできません

その為、ビューカード一体型Suicaを所有している方は、下記の2パータンで対応する必要があります。

  • ビューカード一体型のSuicaとiPhoneのSuicaを二枚持ちという形
  • ビューカード一体型のSuica情報を普通のSuicaに移して、それを取り込む

ビューカードとSuicaを一体化している方にとっては少々厄介な問題ではありますので、注意して下さい。

まとめ

iPhoneのモバイル決済サービスである「ApplePay」にSuicaとビューカードを登録しておけば、ビューカード一体型Suicaと同等のお得度や利便性をiPhoneで活用する事が可能になります。

方法はそこまで難しいものではありません。
もしSuicaやビューカードの機能を制限なく使いたいという場合は「Suicaアプリ」より設定を行ってみてくださいね。

iPhoneのApplePayを活用する事で、ビューカードの利便性は大きく変わるんじゃ。もちろん、お得な要素はそのままじゃぞ。
iPhoneでSuicaを利用しているという人は、この機会にビューカードを契約し、更にお得で便利に使えるSuicaにしてみてると良いぞぅ。

関連記事