Suicaのチャージはビューカードがお得!オートチャージでポイント還元率は1.5%!

最終更新日:
Suicaのチャージはビューカードがお得!オートチャージでポイント還元率は1.5%!

Suicaのチャージはビューカードがお得!オートチャージでポイント還元率は1.5%!

ビューカード

普段Suicaにチャージしてお買い物したり、交通機関を利用している方は非常に多いのではないでしょうか。
都内であれば、ほとんどの人がそうしているでしょう。

ただ、券売機などでSuicaに現金でチャージしても、単純に現金を電子マネーに変えているだけなのでお得感はありませんね。

確かに、券売機でのチャージは別にポイントがお得に貯まることは無いわ…お得にsuicaにチャージする方法とかあるんですか?

もちろんあるぞい!「ビューカード」を利用すればお得に利用出来る上に、残高不足を防いでくれるオートチャージも可能なんじゃ!

今回は、ビューカードのSuicaチャージやオートチャージ機能のお得なポイントや、チャージ方法などについて解説していきます。

ビューカードでSuicaにチャージする方法

ビューカードでは通常の利用で1,000円につき5ポイントが貯まります。還元率は0.5%。

しかし、ビューカード払いでSuicaにチャージを行った場合、還元率は3倍の1.5%、1,000円につき15ポイントが貯まります
suicaのチャージでここまで還元率が高いのは、常日頃からsuicaを愛用している方にとっては非常に嬉しいのではないでしょうか。

ここで注意じゃ!suicaおよびビューカードのチャージ限度額は2万円までじゃ。気を付けるんじゃぞ。

次に、ビューカードを利用したsuicaへのチャージ方法を解説します。
ビューカードを持っていたけど今までsuicaへチャージしてなかった、などの方は是非参考にしてみて下さいね。

券売機でのチャージ

ビューカードを利用してsuicaへチャージを行う場合は、多機能券売機(黒い券売機)を利用します。
以下、チャージまでの手順です。

  1. 多機能券売機(黒い券売機)にて、Suicaまたはビューカードを挿入。
  2. 通常通りチャージを行い、支払い方法画面にて「ビューカード」を選択。
  3. Suicaにチャージする場合は、その後ビューカードを挿入し決済処理を行います。(クレジット払いと同様。)
    ビューカードにチャージする場合は、「ビューカード」を選択して完了

特に難しい手順はなく、簡単にチャージできるのが魅力的ですね。

VIEW ALTTE(ビューアルッテ)でのチャージ

VIEWALTTE
VIEW ALTTEは、JR東日本の駅構内や駅ビルに設置されている青いATMです。
JR東日本をよく利用する方は、見かけることが多いのではないでしょうか。

こちらのATMを利用してのチャージも簡単にできますよ。

  1. VIEW ALTTEのトップ画面にて、「クレジットカードによるチャージ」を選択。
  2. チャージしたいビューカードおよびSuicaを挿入。
    (Suicaにチャージする場合は、続けて支払いのビューカードを挿入します。)
  3. 挿入後、ビューカードの暗証番号を入力し、チャージしたい金額を入力。
  4. 「確認」ボタンをおして、チャージ完了。

モバイルSuicaでのチャージ

これはスマートフォンやフューチャーフォン(ガラケー)のモバイルSuicaへ、ビューカードでチャージする方法です。

  1. モバイルSuica(アプリ)の会員ページ、より「会員メニュー」を選択。
  2. 「4.クレジットカード情報」を選択し、ビューカードのカード情報を入力。
  3. 登録後、トップページの「SF電子マネー」にて「1.入金(チャージ)」を選択。
  4. 入金額を入力し、「1.入金する(クレジットカード)」を選択すればチャージ完了。

Googleアカウントにビューカードのクレジットカードを登録しておけば、androidの「Suicaアプリ」でもチャージ可能じゃ。
iPhoneの場合は、iPhone自体にクレジットカードの登録をしていれば、iPhoneの「Suicaアプリ」でチャージが出来るぞい。

ビューカードのオートチャージって?

まず、ビューカードのオートチャージ機能とは、残高不足の際に自動的にクレジット払いでSuicaにチャージしてくれる機能です。
残高不足による改札の足止めが無くなりますので、毎回スムーズに改札を通ることが出来ますよ。

オートチャージの場合も、ビューカードでSuicaにチャージしている事になる為、チャージ分に対しJRE POINTが通常の3倍付与されます。

オートチャージの設定は、suica付きビューカードと通常のsuicaカード、モバイルsuicaでそれぞれ設定方法が異なります。

suica付きビューカードの場合

Suica付きビューカードの場合、申し込み時にオートチャージの有無の項目がありますので、オートチャージ有りを選んで申し込みをしていれば、自動的にオートチャージ機能が利用できます。

申し込み時にオートチャージ有りで申し込みをした場合は、チャージ残高が1,000円以下になったときに自動的に3,000円がチャージされる設定になっておるぞい。

オートチャージ無しで申し込みをしていた場合、駅のATM「VIEW ALTTE」でオートチャージが出来るように変更が出来ます。

通常のSuicaにオートチャージをしたい場合

suicaとビューカードのリンク
通常のsuicaでオートチャージをしたい場合は、ビューカードとSuicaをリンクさせる必要があります。

リンク方法は「VIEW ALTTE」で簡単に設定できます。リンクさせたあと、そのまま「VIEW ALTTE」にてオートチャージ設定も出来ます。

画像付きで詳しい設定方法が公式HPで紹介されていますので、参考にしてみて下さいね。

モバイルsuicaの場合

モバイルSuicaのオートチャージ設定・確認は、モバイルSuicaの会員ページより行う事ができます

会員メニューにて、オートチャージの申し込み・変更が出来るメニューがありますので、そちらから設定を行うだけ。
モバイルsuicaの場合は「VIEW ALTTE」まで足を運ぶ必要がなく、ネット上で簡単に設定が完了しますよ。

オートチャージ設定をしたら、もう残高不足で困ることは無くなるのね!
しかもポイントは3倍貯まるし、とってもお得で便利だわ!

その通り、オートチャージ機能は便利でお得じゃ。じゃが、怖い落とし穴もあるんじゃ!

便利なオートチャージの落とし穴

オートチャージは設定した残高を下回ると自動的にチャージしてくれる、とっても便利な機能。

ですが、言ってしまえばビューカードの上限額いっぱいまで使えるSuicaという事。
無駄遣いを促進してしまう危険性があります。

通常の3倍ポイントが貯まるため、積極的に使うのは確かにお得。
ですが、残高を気にしなくていいからといってsuicaが利用出来るお店で後先考えずに利用してしまうと、生活を苦しめる原因になります。

オートチャージ機能を利用するのであれば、交通系のみに利用するなどといった対策をとることが大事じゃぞ!

まとめ

suicaにチャージをする場合、ビューカードを利用すれば還元率1.5%のポイントが付与されるため、現金払いより圧倒的にお得です。
またオートチャージにも対応している為、残高不足による改札止めなども防ぐ事が可能です。

ビューカードによるsuicaへのチャージや、オートチャージの設定は難しいものではありません。
普段利用しているSuicaを更に便利でお得にしたい方は、ビューカードの契約を検討してみてはいかがでしょうか。

関連記事