三井住友カード デビュープラスの利用限度額・審査難易度を徹底解説

最終更新日:
三井住友カード デビュープラスの利用限度額・審査難易度を徹底解説

三井住友カード デビュープラスは18歳~25歳限定のクレジットカードです。
ポイントが常に2倍になるという大きなメリットがあります。

若い世代にピッタリでお得なカードじゃないすか!これは魅力的っすね~

うむ、初めてクレジットカードをもつ新社会人や学生にピッタリの1枚なんじゃ。

今回はメリットが大きい三井住友カード デビュープラスの年会費やカード利用枠、審査難易度について解説します。

三井住友カード デビュープラスの年会費

三井住友カード デビュープラスの年会費は初年度無料で、次年度からは税抜1,250円となります。しかし金額にかかわらず年1回の利用で次年度の年会費も無料となる条件付き年会費無料カードです。

他の年会費無料カードと比べると?

三井住友カードにはリボスタイルという年会費が無条件で無料のカードがあります。しかしマイペイすリボの登録が条件となっているので、リボ専用カードという扱いになります。

デビュープラスは若者が持ちやすい

その点三井住友カード デビュープラスにマイペイすリボの登録の条件はなく、1回払など手数料のかからない支払い方法も選択できるノーマルなクレジットカードです。

年会費無料カードはクレジットカードのサービスが一部提供されないケースが多いですが、三井住友カード デビュープラスの場合も海外旅行傷害保険が付帯されていません。

海外旅行傷害保険が付帯されてないんすね…まぁ年会費無料なら仕方ないっすね~

海外に頻繁に行く人には物足りないカードかもしれんが、その分ポイントが2倍とお得になっておるぞ。国内で活躍するカードに間違い無しじゃ!

申し込み方法

三井住友カード デビュープラスの申し込み方法は、三通りあります。

  • 引き落とし口座の設定までの手続きをインターネットで全て行う
  • ネットで申し込み後、引き落とし口座の設定を郵送で行う
  • 入会申込書を請求して郵送で申し込みを行う

申し込みの注意点

デビュープラスは18歳~25歳限定のクレジットカードなので、学生も申し込みをすることができますが、高校生の申し込みはできません。

さらに、研究生、聴講生、科目履修生、語学学校生、予備学校生、認可校以外の専門学校生も申し込みができません注意してください。

未成年で申し込み対象となっている学生の場合、親の同意書も必要です。

申し込み対象からはずれてしまった高校生以上の学生もクレジットカードをあきらめるには早いぞい!
三井住友カードの家族カードも読んでみるといいんじゃぞい!

三井住友カード デビュープラスのカード総利用枠(限度額)

三井住友カード デビュープラスは学生も申込可能なクレジットカードです。そのためカード利用枠も学生と社会人では違っているので注意しましょう。

総利用枠(限度額) カード利用枠
(ショッピング枠)
キャッシング利用枠
学生 10万~30万 10万~30万 0~5万円
学生以外 10万~80万 10万~80万 0~50万円

カード利用枠には上の表にもあるように次の3種類があります。

  • 総利用枠(限度額)
  • カード利用枠(ショッピング枠)
  • キャッシング枠

注意点として三井住友カードの場合は総利用枠(限度額)とショピング枠は同額となります。

総利用枠(限度額)とショピング枠の関係

例えば、三井住友カード デビュープラスでショッピング枠80万円、キャッシング枠50万円の場合、総利用枠(限度額)は80万円となります。
もしショッピングで80万円の残高があると、総利用枠(限度額)もいっぱいなのでキャッシングは利用できません。

キャッシングで50万円利用すればショッピング枠は30万円しか残らないので注意しましょう。

三井住友カード デビュープラスのカード利用枠は基本的には三井住友カードと同額となっています。

海外旅行傷害保険は必要がない20代前半は、三井住友カードよりもポイントが2倍になる三井住友カード デビュープラスを選択すると、カード利用枠も同じなのでお得です。

利用枠は増やすこともできる

三井住友カード デビュープラスに限らずカード利用枠は、カードが手元に届いて半年~1年実績を積み重ねると増枠申請によりカード利用枠を増やすことが可能です。

ただし、80万円を超える増枠申請はできません(学生は30万円)。初期カード利用枠が50万円以下の場合は積極的にカード利用をして実績を積み重ねましょう。

最大で80万円までの増枠が可能ですが、返済遅延や未払いなどは増枠ができないどころか、カードの利用停止もあるので注意しましょう。

三井住友カード デビュープラスの審査難易度

基本情報について紹介したところで、気になる審査難易度について解説します。
クレジットカードの審査難易度はカード利用枠や、申し込み資格である程度判断ができます。

三井住友カード デビュープラスの最低利用枠は10万円となっているので、審査難易度は低いと判断できます。

また申し込み資格は「満18歳〜25歳までの方(高校生は除く)」となっており、若い世代向けのカードということが分かりますね。

審査がやさしい理由は?

若い世代の方は、まだクレジットカードをもって居なかったり、勤務年数が少なかったり、学生だったりと、通常のクレジットカードを所有するのには不利な立場の場合が多くあります。

そんな方々をターゲットにして作られた三井住友カード デビュープラスは、必然的に審査難易度も低くなる、ということです。

一般的な三井住友カードよりも審査難易度は易しいと考えて問題ありません。

審査日数はどれくらい?

審査は易しいんすね!そういえばいざ申し込みをしたとき、審査ってどれくらいでおわるんすか~?

審査にかかる日数はカード会社やカードの種類、また審査時の状況によって異なるんじゃ。
三井住友カード デビュープラスの場合は、なんと最短当日に審査結果が分かるぞい!

上記の通り、三井住友カードデビュープラスの審査は、なんと最短当日には完了します。

審査状況よっては2日から3日ほど時間がかかってしまう場合もありますが、それでもスピーディーな審査と言えるでしょう。

審査結果が来ないけど?

1週間ほどたっても審査結果が分からない!なんて場合は、「審査状況照会」を利用しましょう。

これは、申し込み番号と生年月日・電話番号を入力するだけで、申し込みをしたクレジットカードの審査状況が分かるという便利なもの。
審査状況が分からず不安な方は是非活用してみて下さいね。

審査状況照会へのアクセスはここから可能です。

郵送による申し込みの場合は、ネットから審査状況を確認することは出来ないぞい。郵送の場合は入会案内デスクまで連絡して確認する必要があるんじゃ。

発行までの時間はどれくらい?

冒頭でも紹介したとおり申し込み方法は3つあります。これらの申し込み方法によって発行日数が異なりますので注意してくださいね。

  1. 引き落とし口座の設定までの手続きをインターネットで全て行う場合
    最短3営業日で発行
  2. ネットで申し込み後、引き落とし口座の設定を郵送で行う場合
    →約2週間から3週間で発行
  3. 入会申込書を請求して郵送で申し込みを行う場合
    →約2週間から4週間で発行

引き落とし口座の設定までインターネットで行う場合が一番早く発行ができますが、引き落とし口座の設定が出来る金融機関が限られています。

引き落とし口座の設定が出来る金融機関はこちらから確認出来ますよ。

まとめ

 
三井住友カード デビュープラスは、三井住友カードの中でも入会しやすいクレジットカードです。年会費実質無料やポイント常に2倍というメリットの他に、26歳以降のカード更新でプライムゴールドに切り替わります。

プライムカードも30歳以降のカード更新でゴールドカードに切り替わるので、三井住友カード デビュープラスはステータスカードへの入り口と言えます。

将来的にステータスの高いカードを持ちたいと考えておる若い世代の人は、ぜひ三井住友カード デビュープラスに入会することをオススメするぞい!

三井住友カード デビュープラスの関連記事

VISAカード各券種の特徴まとめ

「VISAカード」の他の券種が気になっている人のために、各券種毎の特徴を詳しくまとめたぞ。