三井住友カード デビュープラスは自動的にアップグレード!

最終更新日:
三井住友カード デビュープラスは自動的にアップグレード!

三井住友カード デビュープラスは、三井住友カードから発行されている実質年会費無料カードです。学生専用カードを除けば三井住友カード唯一の実質年会費無料カードといっていいでしょう。

三井住友カード デビュープラス最大の特徴は一定期間を経過すると、条件付きで自動的にアップグレードする点です。

今回は三井住友カード デビュープラスを、アップグレード条件を中心に解説しましょう。

三井住友カード デビュープラスの切り替えは自動

三井住友カード デビュープラスは26歳に達して最初のカード更新で、自動的にプライムゴールドにアップグレードとなります。

アップグレードには申請も必要なく、普通にカード更新を待っていればアップグレードとなるので手間はかかりません。ただしカード更新時までカード利用で延滞や遅延があれば、アップグレードだけでなくカード更新もできなくなります。

プライムゴールドに切り替わってからも、30歳以降のカード更新でゴールドカードに切り替わります。三井住友カード ゴールドの入会条件は30歳なので、30歳未満でのカード更新では切り替えにならないので注意しましょう。

デビュープラス(18歳)

プライムゴールド(26歳)

ゴールドカード(30歳)

三井住友カード デビュープラス切り替え時の注意点

デビュープラスは実質年会費無料ですが、プライムゴールドに切り替わると年会費が一気に5,000円となります。

三井住友カードには年会費が割引になるサービスがありこれを活用するとプライムゴールドの年会費も最大税別1,500円まで引下げられます。

年会費を抑えるテクニック

年会費を半額にするためには「マイペイすリボ」の登録と年6ヶ月の請求が必要です。
リボ払いに抵抗がない人は、年会費を割引することで三井住友カードとほぼ同じ年会費でプライムゴールドを利用できるのでお得です。

さらにWEB明細に登録すると1,000円の割引となります。

それでも年会費が高いカードを利用したくない場合は、最初からデビュープラスではなく三井住友カードを選択することをおすすめします。

三井住友カード デビュープラスの基本情報をおさらい

三井住友カード デビュープラスの条件は、18歳以上25歳までという年齢条件が付いています。学生も対象になっているので学生カードとして利用することもできます。

年会費は初年度無料で、年1回の利用をすれば次年度も無料となる条件付き実質年会費無料カードです。

さらに三井住友カード デビュープラスは、通常ポイント還元率が0.5%ですが2倍の1.0%になるというメリットがあります。

三井住友カード デビュープラス最大のメリットは、よりグレードの高いカードを手にする第一歩となることです。

デビュープラスを選ぶ必要がない人も

三井住友カード デビュープラスの入会基準は25歳までですが、25歳に近い年齢の人ほどデビュープラスの入会は不要になります。

なぜかというとプライムゴールドの入会基準が20歳~30歳未満なので、審査基準を満たす人であれば最初からプライムゴールドに入会できるからです。
ただし、プライムゴールドの年会費は税抜5,000円なので、実質年会費無料でポイント2倍のメリットを活かしたいという場合はこの限りではありません。

デビュープラスのメリットを最大限に活かしたいのであれば、学生時代から利用するのがもっとも効果的です。

年齢だけを考えると26歳以上であれば三井住友カード デビュープラスではなくプライムゴールドに入会しましょう。さらに30歳以上の人は最初からゴールドカードの入会資格があるので、ゴールドカードに直接入会することができます。

まとめ

三井住友カード デビュープラスはポイント2倍などお得なサービスがありますが、少し特殊なクレジットカードなので申込前に十分にメリット・デメリットを把握しておきましょう。

最大の特徴としては自動的にアップグレードするという点なので、申込時の年齢やアップグレード後のカードの特徴なども考えてから三井住友カード デビュープラスに申込みましょう。

三井住友カード デビュープラスの関連記事

VISAカード各券種の特徴まとめ

「VISAカード」の他の券種が気になっている人のために、各券種毎の特徴を詳しくまとめたぞ。