ENEOSカードはタイプが3種類!それぞれの特徴を把握して自分に合ったタイプを選ぼう!

最終更新日:
ENEOSカードはタイプが3種類!それぞれの特徴を把握して自分に合ったタイプを選ぼう!

普段の買い物や仕事、また旅行などで車を使う時、なるべく安くガソリンを給油したいもの。 
そんな時におすすめなのがENEOSカード。

ENEOSカードは名前の通り、ENEOSを利用される方にとってはとても便利なカードです。
ENEOSは全国に10,000以上のサービスステーションがあり、ENEOSカードがあれば全国のENEOSでお得にガソリンを給油することが出来ます。

ガソリンがお得に給油できるなんて魅力的っすー!今すぐENEOSカードを作りに行きたいぐらいっす!

まぁ、待つんじゃ。ENEOSカードにはC・P・Sの3タイプがあるんじゃ。
今回はそれぞれのENEOSカードの特徴と違いについて詳しく紹介するぞい!

それぞれのカードの特徴

ENEOSカードC(キャッシュバックタイプ)

ENEOSカードC
年会費は初年度無料、次年度以降1,250円(税抜)です。

ENEOSカードCの大きな特徴は、利用すればするほどガソリン代そのものが安くなるところ。
ガソリンの給油も含めたすべてのカードショッピングの金額によって翌月のガソリン代が値引きされ、その分の代金がキャッシュバックされます。
毎月の利用金額に応じてガソリン代が割引

ENEOSカードCに入会した月とその翌月に関しては1Lあたり2円のガソリン代が値引き。以降、毎月の利用金額に応じて値引きされます。
最大1リットルあたり7円引きと、かなりの値引き率になりますので、良く車を運転される人はとってもお得ですね。

お得なENEOSカードCじゃが、毎月のカードショッピング利用額にばらつきがあると値引きの恩恵が受けにくくなるデメリットがあるぞい。
またガソリンの値引きがある代わりに、ポイントプログラムがないんじゃ。ガソリンの給油頻度が少ない人には不向きなカードといえるじゃろう。

ENEOSカードP(ポイントタイプ)

ENEOSカードP
こちらも年会費は初年度無料、次年度以降は1,250円(税抜)。

ENEOSカードPの大きな特徴は、すべてのカードショッピングにおいてポイントを貯めることができる点

ENEOSカードの通常ポイント還元率は0.6%ですが、ENEOSのサービスステーションの利用では還元率が3%まで跳ね上がります。

ポイント還元率
たとえばENEOSのサービスステーションで10,000円分のガソリンを給油した場合、3%のポイント還元率なのでなんと300ポイントも付与。
ザクザクポイントを貯めたい人にはオススメですね。

貯めたポイントはENEOSカードの会員サイトで好きな商品やANA・JALマイル、さらにはキャッシュバックと交換できます。

ENEOSカードPのデメリットは、ガソリンなどの値引きが特にない、というところじゃ。
じゃがポイントはざくざく貯まるし、貯まったポイントはキャッシュバックと交換もできるから、普段あまりガソリン給油をしない人でもお得に利用出来る1枚じゃ!

ENEOSカードS(スタンダードタイプ)

ENEOSカードS
こちらは初年度無料、次年度以降は1,250円(税抜)の年会費が発生しますが、一度でもカードの利用があれば次年度は年会費無料になります。

ENEOSカードS(スタンダード)の大きな特徴は、ガソリン代の値引きとポイント獲得の両方のサービスが受けられるところ。

ガソリン代は1リットルにつき2円の値引き、灯油は1リットルにつき1円の値引きが受けられます。
ガソリン・灯油値引き

通常の還元率は0.6%ですが、ENEOSサービスステーションで洗車などのサービスを受けると、1,000円につき20ポイント貯めることが可能。
ポイントも貯めたいし、ガソリンの値引きも受けたいという方にはおすすめのカードです。

ENEOSカードSの注意点はガソリン給油をした場合、値引きサービスは受けられるが、ポイントを貯めることが出来ないという点じゃ。気を付けるんじゃぞ。

それぞれのカードに適している人は?

3種類のカードについては良く分かったっす!どのカードがどんな人にオススメなのか、更に詳しく知りたいっす!

ふむ、それじゃあそれぞれのカードはどんな人に適しているのか、詳しく解説するからしっかり確認するんじゃぞ!

ENEOSカードCに適している人は?

ENEOSカードCは、ENEOSのサービスステーション以外でのカードショッピングが多い方、また毎月の給油が100Lを超える方にオススメです。
特に仕事などで車を利用される方は給油の機会も多いので、さらにお得さを感じることが出来るのではないでしょうか。

ENEOS カードPに適している人は?

ENEOSのサービスステーションで頻繁に買い物やサービスを利用される方、毎月の給油が50Lを超える方に適しています。

ENEOSのサービスステーションでは、給油だけでなく洗車やオイル交換のサービスなども。
車のメンテナンス全般をすべてENEOSでされている方には、お得に利用出来るカードです。

ENEOSカードSに適している人は?

毎月の給油が50Lまで利用されない方に適しています。
1回でもカードを利用すれば年会費は無料になるので持っていて損になることはありません。

ガソリンの給油はそこまで多くないけど、ENEOSでよく給油する方などにおすすめ。

カードのタイプを変更したい場合

以前はあまりガソリンを給油しなかったからENEOSカードSを持っていたけど、ガソリンを頻繁に給油するようになったからENEOSカードCへ変更したいって場合は何とかできるんすか?

もちろん、カードのタイプは変更出来るぞい!カードの変更方法と、注意点についてこれから解説するから、カードタイプの変更を考えてる人は要チェックじゃ!

ENEOSカードのタイプを途中で変更する場合、ENEOSカードの会員サイトか書類にて変更申し込みをします。

カードタイプを変更するとき、いくつか注意点がありますので気を付けてくださいね。

まず、カードのタイプを変更するとカード番号も変更になります。
そのため公共料金などの支払いをENEOSカードで利用していた場合は、変更後必ず新しいカード番号の連絡をして下さい。

また、ENEOSカードCに変更する場合、ポイントプログラムがありませんので切り替えた時点でポイントは失効してしまいます。
ENEOSカードSからPに、PからSへの変更はポイントが引き継がれますが、それ以外は失効しますので注意が必要です。

まとめ

ENEOSサービスステーションでの給油で大きなメリットがあるENEOSカード。
カードのタイプが3種類ありますので、自分の利用状況をしっかり確認して、自身に一番合うカードを選んでくださいね。

給油の機会が多い人はENEOSカードCやP、給油の機会は少なめの人はENEOSカードSがオススメじゃ。
車を頻繁に利用していて、ENEOSでガソリンを給油することがある場合は、ぜひENEOSカードの申し込みを検討してみて欲しいぞい。

関連記事