ENEOSカードで発行できるETCカードは分離型と一体型の2種類!

最終更新日:
ENEOSカードで発行できるETCカードは分離型と一体型の2種類!

ガソリン割引など、車を運転される方にはうれしい特典が多いENEOSカード。
実は、ENEOSカードでもETCカードが発行できるのはご存知でしたでしょうか。

ETCカード!高速道路の料金所もスムーズに通ることのできる便利なやつっすよね!

その通りじゃ。ENEOSカードでは、ETCカードとクレジットカードが別々になっておる分離型と、クレジットカードとETCカードが1枚になった一体型の2種類存在しておるんじゃ。
今回は2種類のそれぞれの特徴と、申し込み方法について詳しく紹介するぞい!

ETCカードについて

ENEOSのETCカードは、ENEOSカードのC/P/SからETCカードを発行することができます。
クレジットカード一体型もETC専用型も、発行手数料や年会費は無料

ただしENEOSカードのCタイプとPタイプについてはクレジットカード自体に年会費が毎年1,250円(税別)かかります。
ENEOSカードのSタイプについても、年間のカード利用がなかった場合には年会費がかかりますので注意が必要です。

分離型とクレジットカード一体型、それぞれのメリットは?

へ~、ETCカードは2種類存在するんっすね!どっちが良いか迷うっす~!

分離型と一体型を選ぶコツは、自分が高速道路などの有料道路を頻繁に利用するのか、防犯面はどうなのかしっかり確認してから判断することじゃ。

分離型

防犯面から考えると、専用型のカードの方が安全
ETCカードを車載器に搭載したまま車から降りてしまった場合、分離型の場合であれば、万が一盗難されたとしても有料道路以外では使用できません。
そのため被害を最小限にとどめることができます。

普段からよく高速道路などETCが利用出来る道路を利用する人は、分離型がオススメです。

一体型

クレジットカードと一体型のETCカードは、カード1枚でETCの利用とショッピングの利用が出来るので便利です。
また、2枚もつ煩わしさがありません。

しかしETCカードを車載器に搭載したまま車から降りてしまったなどで万が一、盗難などにあった場合はクレジットカード一体型ですので、不正に利用されてしまう恐れがあります。

あまりETCを利用しない人には、クレジットカード一体型がおすすめ。

ちなみにETCとクレジットカードが一緒になっている一体型が選べるのは、ENEOSカードC/P/Sタイプのみじゃ。
ENEOSカード(NICOS)は分離型のみじゃから気を付けるんじゃぞ。

ETCカードの申し込み方法

ETCカードの申し込み方法は、ENEOSカードC/P/SタイプとENEOSカード(NICOS)で異なります。
自分の所有しているクレジットカードに合った申し込み方法で申し込んでくださいね。

C/P/SタイプのENEOSカードの場合

C/P/SタイプのENEOSカードは、3通りの申し込み方法があります。

  • WEB(ENEOSカード会員サイトから手続き可能)
  • 電話(ETCカード追加申し込みダイヤルから申し込み)
  • 書類郵送(ENEOSカード会員サイトから申し込み書が請求できます)

書類郵送は、必要な書類が到着したら必要事項を記入し、そのあとに郵送と少し手間と時間がかかる申し込み方法ですので注意してください。

ENEOSカード(NICOS)の場合

NICOSタイプのENEOSカードは、会員サイトより申し込みが可能。
ETCカードの受け取りには申し込んでから約1週間かかります。

ここで注意じゃ。ENEOSカードのETCカードはすべて、クレジットカード1枚につきETCカード1枚のみの発行じゃ。
家族名義のETCカードが必要な場合は、家族カードを発行してからETCカードを発行すると家族名義でもETCカードを持つことが出来るぞい。

一体型から分離型、またその逆への切り替えは可能?

切り替えについてですが、結論から先に言いますと、どちらの場合でも切り替えは可能

切り替え変更したい場合は、本人会員がトヨタファイナンス インフォメーションデスクへ連絡する必要があります。

トヨタファイナンス インフォメーションデスク
東京03-5617-2577、名古屋052-239-2577
受付時間は午前9時から午後5時まで(土日・祝日・年末年始を除く)

変更時の注意点として、カードの切り替えを行った場合は、同時にカードの会員番号が変わる点には気を付けてください。
公共料金や電話料金をENEOSカードでの支払いに登録していた場合、カード番号が変更になると再度新しい番号の連絡が必須です。

分離型や一体型に変更した場合は、新しいカード番号の連絡を忘れないようにしましょう。

まとめ

ENEOSカードには、クレジットカードと一体型と、分離型の2種類がありましたね。
それぞれのメリットは何かを確認し、自分に合った方を選んで発行してください。

クレジットカード1枚につき1枚しかETCカードは発行できないが、年会費は無料じゃし、ETCを利用する人はぜひ作ってみて欲しいぞい!

関連記事