セゾンカードは解約すると永久不滅ポイントは失効してしまう!

最終更新日:
セゾンカードは解約すると永久不滅ポイントは失効してしまう!

「ほかのクレジットカードの方が自分にとっては使いやすかった」などの理由で、セゾンカードの解約を検討している方もいらっしゃるのではないでしょうか。

しかし、セゾンカードに限らず、クレジットカードの解約方法については、公式サイトで具体的に説明されていないことが多いですよね。

セゾンカードを解約したら、貯めていたポイントはどうなるのかしら~。あと、特別な事情があって解約手続きが難しいときは代理人でも手続きを承ってくれるのかしら~。

セゾンカード解約時、そのような疑問を持つ人は多いじゃろう。今回は、そんな疑問が解消できるよう、セゾンカードの詳しい解約方法について説明するぞい!

セゾンカードの解約方法

まずはじめに、セゾンカードの解約方法について説明していきます。
セゾンカードは、セゾンカウンターかインフォメーションセンターに申し出ることで解約ができます。

どちらの方法でも即日で解約することが可能で、解約時の手数料などは一切発生しません。
また、ETCカードや家族カードのみの解約も以下の方法で手続きすることができます。

セゾンカウンターでの解約方法

セゾンカウンターでの解約は、対面で手続きを済ませられるため、わかりやすく迅速に解約手続きを行うことができます。
電話の時のように、相手につながるまでの待ち時間や、通話料などの発生もありません。

その反面、セゾンカウンターまで行く必要があったり、近くにセゾンカウンターがない方は利用できないというデメリットがありますので注意して下さい。

なお、セゾンカウンターでの解約手続きを行う場合は、以下の書類を持参する必要があります。

  • 解約するセゾンカード
  • 身分証明書(運転免許証やパスポートなど)

セゾンカウンターの担当者へ、カードを解約したい旨(ETCカードおよび家族カードのみの解約も可)を伝え、担当者の指示に従って解約手続きを行ってください。

インフォメーションセンターでの解約方法

インフォメーションセンターでの解約は、わざわざセゾンカウンターに向かわずとも、家や職場などにいながら解約手続きが可能です。
ただし、通話料金がかかったり、時間帯によっては電話が繋がりにくくなるといったデメリットもありますので注意して下さい。

インフォメーションセンターの電話番号は、所有しているセゾンカードの裏面に記載がありますので、そこへ連絡し、解約手続きを行ってください。
※受付時間は9時~17時、元旦を除き年中無休。

なお、解約の際は以下の項目を確認されます。

  • 基本情報(氏名や生年月日、住所など)
  • カード番号

カード番号を記憶しているという方は少ないと思いますので、電話での解約手続きを行う場合は、手元にセゾンカードを用意しておくと良いでしょう。
後は、インフォメーションセンターの担当者へカードを解約したい旨(ETCカードおよび家族カードのみの解約も可)を伝え、担当者の指示に従って解約手続きを行ってください。

解約する際の注意点

永久不滅ポイントの失効

セゾンカードを解約していた場合、貯まっていたセゾンの永久不滅ポイントは失効するため、交換することはできなくなります。
解約後に再度、セゾンカードを発行した場合でも、ポイントが復活することはありません。

そのため、解約するカードにポイントが貯まっている場合は、ポイントを使い切ってから解約することをおすすめします。

同じ名義で別のセゾンカードを持っている場合は、自動的にポイントが合算されるため、解約してもポイントは失効しないぞい。この点は安心できるのう。

年会費の支払い日前に解約

セゾンカードに限らず、解約後に年会費が月割りで返金されるということはありません。
そのためクレジットカードの解約は、年会費を支払う前(更新前)に解約するのが基本です。

セゾンカードの場合は、基本的にクレジットカードの有効期限の1ヶ月前までに解約手続きを行えば、翌年分の年会費は発生しません

ただし、カードの種類によっては年会費発生のタイミングが異なる場合があるため、念のため解約する前にインフォメーションセンターなどに問い合わせることをおすすめいたします。

追加カードも同時に解約

セゾンカードを解約した場合、それに紐づいたETCカードや家族カードも自動的に解約となります。

本人のみがセゾンカードを利用していた場合は問題ありませんが、家族会員も利用している場合は注意が必要です。
家族カードにETCカードがついていて、家族の方が解約したとは知らずにETCレーンに進入した場合、ゲートが開かないというトラブルが発生してしまいます。

もし追加カードで家族カードを発行している場合は、家族の方に解約する旨をきちんと伝えるようにして下さい。

・解約するとポイントが失効する
・年会費を支払う前に解約する
・家族カードやETCカードも同時に解約される

以上3つをしっかり確認してから、解約手続きを行うんじゃぞ!

セゾンカードは本会員の代理で解約できる?

クレジットカードの名義人が亡くなった場合や認知症になった場合、本人が解約手続きを行うことはできません。
このような場合に限り、インフォメーションセンターに連絡し、家族の方が代理で解約手続きを行えます。

セゾンのインフォメーションセンターにて、契約者本人が解約手続きを行えない旨を伝えて下さい。
その後の手続きは、通常の解約方法と変わりありません。

問い合わせの際は、契約者本人の氏名、生年月日、住所、電話番号、そして解約対象のカードの番号を伝えられるように準備をしてくださいね。

まとめ

セゾンカードの解約はセゾンカウンターかインフォメーションサービスへの問い合わせで手続きを進めることができます。
インフォメーションサービスの場合は電話料金がかかってしまうため、交通費のかからない近い場所にセゾンカウンターがある場合は、セゾンカウンターでの解約手続きをおすすめします。

解約時に気を付けるべき点をしっかり確認して、解約後トラブルが起こらないようにするんじゃぞ!

関連記事