三井住友カード プラチナの付帯保険を三井住友カード ゴールドと徹底比較

最終更新日:
三井住友カードプラチナの付帯保険

三井住友カード プラチナは三井住友カードの最高峰に位置するクレジットカードです。

質の高いサービスが提供されますが、付帯保険の補償内容も最高峰のカードにふさわしい内容となっています。三井住友カード ゴールドも付帯保険の補償額は充実していますが、プラチナと比べると大きな差があります。

今回は三井住友カード プラチナの付帯保険について三井住友カード ゴールドと比較しながら解説しましょう。

三井住友カード プラチナにはどのような付帯保険があるのか

三井住友カード ゴールドのような以下の付帯保険がプラチナにも付帯しますが、航空遅延保険はプラチナだけに付帯する保険です。

  • 海外旅行保険
  • 海外旅行傷害保険・家族特約
  • 国内旅行傷害保険
  • お買物安心保険(動産総合保険)
  • 航空便遅延保険

プラチナとゴールドの付帯保険の補償を比較

海外旅行傷害保険の補償金額

プラチナ ゴールド
傷害死亡・後遺障害 自動付帯 1,000万円
カード利用条件付帯 4,000万円※
合計 最高1億円 最高5,000万円
傷害治療費用(1事故の限度額) 500万円 300万円
疾病治療費用(1疾病の限度額) 500万円 300万円
賠償責任(1事故の限度額) 1億円 5,000万円
携行品損害[自己負担:1事故3,000円]
(1旅行中かつ1年間の限度額)
100万円 50万円
救援者費用(1年間の限度額) 1,000万円 500万円

※カード決済の内容によって保証額が変わります。補償額の詳細については公式サイトをご確認ください。

基本的にゴールドも保証されているような保険がプラチナにも付くのですが、補償額がかなり手厚くなります。

表を見てもわかるように、プラチナになると傷害死亡・後遺障害は自動付帯になり、保証額はゴールドの2倍です。
プラチナの治療費用の補償額は500万円あるので、一般的な治療をするには充分な補償額です。

賠償責任の補償額は1億円付帯しています。特にアメリカは訴訟大国とも呼ばれているので、日本ではささいなことでも損害賠償を請求されるケースがあります。
このような控訴大国などで賠償責任が発生したそうなときも補償額が大きいことでかなり安心できます。

海外旅行傷害保険の補償額で特に治療費の補償額は大きいほど安心して海外旅行ができます。
日本国内では健康保険制度が充実しているので、海外に比べると医療費の負担はそれほど大きくありません。しかし旅行先が先進国であっても日本よりも医療費が高い国や地域が数多くあります。

例えば日本では手術費用は60万円、もちろん救急車は無料な病気やケガも、アメリカでも盲腸の手術費用は100万円以上かかる上に、救急車を利用すればさらに10万円以上の費用がかかります。

もしもの時にも頼れる!

海外で病気やケガなどのトラブルが起きた際、プラチナの場合はコンシェルジュサービスに連絡しても対応してもらえます。

プラチナコンシェルジュが使えないときは?

三井住友カードの緊急アシスタンス・サービスに連絡すると、病院の手配から医療費キャッシュレスサービスまで利用することができます。
緊急アシスタンス・サービスはプラチナならではのサービスではなく、海外旅行保険のつい三井住友カードならどのカードでも利用できます。
非常に頼もしいサービスなので、覚えておくと便利です。

医療費が先払いの時も頼れるサービスが!

海外では医療費を先に支払わなければ治療を受けることができないケースがあります。そのため治療費は自分で立替払いをして、後で保険料を受け取るのが一般的です。

しかし、高額な医療費の場合はクレジットカードを利用しても支払えない場合があります。その場合は上でも登場した「医療費キャッシュレスサービス」を利用しましょう。

海外旅行傷害保険 家族特約

プラチナ ゴールド
傷害死亡・後遺障害 最高1,000万円 最高1,000万円
傷害治療費用(1事故の限度額) 500万円 200万円
疾病治療費用(1疾病の限度額) 500万円 200万円
賠償責任(1事故の限度額) 1億円 2,000万円
携行品損害[自己負担:1事故3,000円]
(1旅行中かつ1年間の限度額)
100万円 50万円
救援者費用(1年間の限度額) 1,000万円 200万円

ゴールドにも家族特約は付帯しているのですが、本会員とほとんど同じ保証内容となる点がさすがプラチナといったところではないでしょうか?

本会員と同じく、賠償責任の額が大きく設定されている点は小さい子供がいる家族なら特に安心できる保証額と言えるのではないでしょうか?

家族特約の対象になる家族は?

三井住友カード プラチナの指す家族は以下が対象です。

  • 本会員と配偶者
  • 本会員と生計を共にする同居の親族
  • 本会員と生計を共にする別居の未婚の子

親族についてですが、6親等以内の血族または3親等以内の姻族となっています。同居していればかなり広く対象となっています。

ちなみに…
6親等:またいとこ
3親等:曾祖父、叔父、叔母、甥、姪
姻族:婚姻によって出来た親戚

海外旅行保険の補償名がよくわからない

補償内容を羅列して説明されてもよくわからない。けっきょく、何を重視すれば安心できるの?といったお悩みがある方はこちらの記事も参考にしてみてくださいね!



国内旅行傷害保険

プラチナ ゴールド
傷害死亡・後遺障害 自動付帯 1,000万円
カード利用条件付帯 4,000万円※
合計 最高1億円 最高5,000万円
入院保険金日額<フランチャイズ7日※> 5,000円 5,000円
通院保険金日額<フランチャイズ7日※> 2,000円 2,000円
手術保険金 最高20万円 最高20万円
フランチャイズ7日
事故発生の日から8日目以降、入院・通院の状態にある場合、1日目から保険金が支払われます。

プラチナは自動付帯です。ゴールドでは国内旅行傷害保険は利用付帯なので、ここもさすがプラチナといった内容です。
国内旅行保険がついていると安心できるのは限られ人になりますが、それでもついていると安心に越したことはないですよね。

※カード決済の内容によって保証額が変わります。補償額の詳細については公式サイトをご確認ください。

お買物安心保険

プラチナ ゴールド
補償限度額 500万円 300万円
対象となる利用 海外利用・国内利用 海外・国内利用
自己負担額 1事故につき3,000円 1事故につき3,000円
対象期間 購入日および購入日の翌日から90日間 購入日および購入日の翌日から90日間
補償限度額
会員1名につき対象期間中の補償金支払いの限度額
自己負担額
1事故につき3,000円の自己負担が有
対象期間
商品の購入からはじまり、購入日の翌日(配送などによる場合には商品の到着日)から起算して90日間が補償対象期間

補償限度額はプラチナがゴールドの1.5倍になっている以外ゴールドと変わりはありません。

それでも、プラチナを持つような会員であれば、大きな買い物をすることが殆どかと思われるので、補償が大きいと大きな買い物をしたときも安心できます。
また、三井住友カードの場合だと、国内外問わず補償の対象となっているところは凄くありがたいですよね。

保証期間について

毎年6月1日から翌年5月31日までの期間で、プラチナ会員である期間に購入した商品が補償の対象です。
また、補償期間は自動更新となっており、特別な通知がない限り、毎年6月1日以降更新がされるようです。

航空便遅延保険はプラチナードだけの付帯保険

プラチナには航空便遅延保険が付帯されていますが、これはゴールドには付帯されていないプラチナならではの特別な付帯保険です。

航空便遅延保険(国内・海外)

海外旅行 国内旅行
乗継遅延費用(1回の遅延の限度額) 2万円 2万円※
出航遅延・欠航・搭乗不能費用(1回の遅延の限度額) 1万円 1万円※
手荷物遅延費用(1回の遅延の限度額) 1万円 1万円※
手荷物紛失費用(1回の遅延の限度額) 2万円 2万円※

国内も海外も補償金額は同じですが、国内航空便遅延保険に関しては航空運賃などをカード決済するという条件がつく利用付帯となります。

航空便遅延保険は航空便が遅延しただけで補償されるわけではありません。遅延や欠航によって宿泊費用や食費が発生したり、下着などの衣料品を購入したりといった場合にその実費を補償する仕組みです。

注意したい点は宿泊費などの補償は乗継遅延の補償では対象となりますが、航空便の遅延や欠航では食事代だけの補償となります。

しかし、補償の対象となることを確認できると2万円までの食事代が補償されるので、普段利用することがないような高級レストランで食事をすることができます。

※ただし国内便は利用付帯となるので航空チケットなどは必ず三井住友カード プラチナで決済しましょう。海外では他社カードで決済しても保険の対象となります。

まとめ

三井住友カード プラチナでは付帯保険に関しても手厚い補償を受けられることがおわかりいただけたことでしょう。特に海外で治療が必要になったときプラチナは頼りになる1枚です。

複数のカードを利用するのもメリットがありますが、三井住友カード プラチナは1枚あるだけで十分なサービスを受けることができます。

三井住友カードを利用するのであれば、最終的にはプラチナを目指しましょう。

三井住友カード プラチナの関連記事

VISAカード各券種の特徴まとめ

「VISAカード」の他の券種が気になっている人のために、各券種毎の特徴を詳しくまとめたぞ。