ANAカード一般からゴールドへの切替方法、注意点は?マイルはどうなるの?

最終更新日:
ANAカード一般からゴールドへの切替方法、注意点は?マイルはどうなるの?

現在ANAの一般カードを使っていて、そろそろゴールドカードへステップアップしようと考えている方もいらっしゃるのではないでしょうか?

今回は一般カードからゴールドカードへの切り替えを中心に、ANAカードの切り替え手続きについて解説して行きます。

ANA一般からゴールドへ切り替えるには?

すでに所有しているANAの「一般」クラスのカードから「ゴールド」クラスのカードに切り替える場合、カードの種類や国際ブランドによって手続きが異なります。

具体的には以下の2種類の手続きに分けられます。

パターン①
クレジットカード会社にゴールドカードへの「切り替え」を申し込み、審査に通れば新しいカードが発行される
パターン②
クレジットカード会社にゴールドカードの「新規入会」を申し込み、審査通過・カード発行後、(必要あれば)旧カードを退会する

①はそのままカードの切り替えをしているだけですが、②は切り替えというより新しくゴールドカードを発行し、その後いらなくなった手持ちのカードを退会するという形です。

結果的にはどちらも同じことですが、手続きの順番が異なるので注意しましょう。

いずれのパターンかは手元のカードと切り替え後のカードで決まる

どちらのパターンに当てはまるかは以下を参考にしてください。

パターン①に当てはまるケース

  • 同じ国際ブランドの一般カードからゴールドカードへの切り替え

※ただし、VISA/マスターの交通系IC機能付きカード(Suica・PASMO・nimoca)は除く

パターン②に当てはまるケース

  • 異なる国際ブランドのANAゴールドカードに切り替える
    (例:ANA VISA一般カード→ANA JCBワイドゴールドカード)
  • VISA/マスターの交通系IC機能付きANAカードから、同じ国際ブランドのANAワイドゴールドに切り替える

基本的に国際ブランドが変わらなければ①の切り替え手続きで問題ありませんが、国際ブランドが変わると②の新規入会&退会手続きが必要となります。
ただし、VISA/マスター(=三井住友カード発行)の交通系IC機能付きANAカードは、同ブランドのワイドゴールドへの切り替えでも②の新規入会パターンとなることに注意しましょう。

なお切り替えであろうが新規入会であろうが、一般からゴールドに切り替える場合は改めてクレジットカード会社による審査が行われるので、審査落ちの可能性もあることは頭に入れておきましょう。

手続きはオンライン、もしくはカード会社へ問い合わせ

ANA VISA/マスター/JCB 一般カードから同ブランドのワイドゴールドカードへの切り替えは各カード会社へのオンラインから申し込みが可能です。VISA/マスターはVpassから、JCBの場合はMy JCB、と各社の用意するシステムから手続きを行いましょう。

それ以外のカードやブランドに関しては所定の用紙を取り寄せるか、電話での問い合わせが必要となります。

切り替えのメリットは?

ANAゴールドカードへ切り替えると年会費は上がってしまいますが、その分カードのサービスは充実します。

ゴールドカードの主なメリットを以下にあげてみました。

  • 基本マイル還元率0.5%→1%にアップ(手数料無料の場合)
  • ANA便搭乗ボーナスマイル10%→25%
  • 入会継続マイル1,000マイル→2,000マイル
  • カードラウンジが利用可能に
  • 付帯保険、特に海外旅行保険が充実

他にもカードごとに様々な特典が用意されています。

特にANA VISA/マスター ワイドゴールドカードは年間利用金額やマイペイすリボの利用でマイル還元率を常時1.48%にすることもできるので、日常の決済でマイルを貯めていきたい方には特にオススメです。

切り替え時に気をつけたい事は?

マイルは引き継げるのか?

切り替え時に最も心配なのは、旧カードで貯めていたマイルが新しいカード(マイル口座)に引き継がれるのか?ということではないでしょうか。

カードブランドが変わらない場合、つまり上記のパターン①に当てはまる場合はそもそもマイレージクラブのお客様番号が変わらないので、マイル口座についても特に何もせずそのまま使用できます。

パターン②の新規入会の場合はマイレージクラブ番号が変わってしまいますが、申込書に以前のお客様番号を記入すれば、新しいカードが発行された時に自動的にマイルが引き継がれます。
もし記入を忘れてしまった場合も、後日マイル口座の移行(統合)をANAウェブサイトまたはサービスセンターにて行うことができます。

Edy残高は引き継げないので注意!

切り替え前のカードでEdyを利用していた場合でも、新しいカードに残高を引き継ぐことはできずEdy番号も新しくなってしまいます。
と言っても旧カードのEdy機能は解約後も使えるので、残高を使い切った後に旧カードを処分するようにしましょう。

まとめ

今回はANA一般カードからゴールドカードへの切り替えについて解説しました。
ゴールドカードはマイル還元率上昇など、年会費アップを考慮しても十分それに見合うだけの特典が用意されています。
これからマイルをもっと貯めていきたい!という方はぜひゴールドカードへの変更も検討してみてくださいね。

関連記事