クレジットカードの選び方は超簡単!6つの利用用途から選べば、最もお得な1枚が必ず見つかる!

クレジットカードって数が多すぎて、結局どれが一番お得なのか分からねーんだけど・・・

そうそう、ポイント還元率なんかのスペックで比較してもイマイチ違いが分からないのよね。結局、年会費無料のカードを選んじゃう。

クレジットカードは利用用途によって比較すれば、一番お得なカードがすぐ見つかるぞ。賢く使い分ければ、ポイント優待・割引・サービスなど、かなりお得になるのじゃ。

『クレジットカードを用途に合わせて使い分けていますか?』

何となくクレジットカードを申し込んで、財布の中に何種類ものクレジットカードがたまっている・・・。
なんて状況の人も多いと思いますが、実はそれだいぶ損しています!

ただ現金払いの代わりにクレジットカードを使っているだけの人ならあまり気にしてないと思いますが、クレジットカードによって、 特定の店舗やネットショップでポイントが数倍貯まったり、普段の生活を豊かにする優待特典や割引・サービス、もしもの時に安心の保険補償など、実は特徴が様々。

この記事では、各用途別に合わせて、最もお得なクレジットカードをピンポイントでご紹介していきます。
自分が最も得するクレジットカードが何か分からないという方は、是非参考にしてくださいね。

ネットショッピングが多い人

最近ネットショッピングをする機会が増えてきたんだけど、各ショッピングサイトで一番ポイントが貯まりやすいクレカってイマイチ分からないのよね・・・

実はネットショッピングはクレジットカードで最もポイントが貯まりやすいジャンルなんじゃ!うまく使えばポイント10倍も可能じゃぞ

ネットショッピングでの支払いをクレジットカードにすると、手数料がかからず、ポイントも付くなど良いこと尽くし。
しかし、使うクレジットカードが違えばポイント還元率が2倍、3倍と変わってきます。

例えば、楽天市場で年間30万円の買い物した場合・・・

・一般的なクレジットカード:ポイント還元率0.5% ⇒ 1,500円
・楽天カード:ポイント還元率3% ⇒ 9,000円

上手にクレジットカードを活用している人としてない人で比べると、その差は歴然。 やる事といえば使うクレジットカードを変えるだけなので、使わない手はないですね。

特定のネットショップを頻繁に利用する方は、そのネットショップで最もポイント還元率の高いクレジットカードを選ぶのがポイント。
また、一般的なポイント高還元率のクレジットカードでも、各クレジットカード毎にポイントモールが用意されていることが多く、 モール経由で買い物することで還元率を数十倍加算することも可能です。
電子マネー機能を搭載しているカードなら、ポイント3重取りすることも可能!

ポイントには関係ないですが、ショッピング補償がついているクレジットカードなら、ネット通販で買った商品が万が一壊れた場合も商品を補償してくれるので安心です。

カード 年会費 ポイント還元率
Yahoo!JAPANカード 永久無料 対象サイト:Yahooショッピング
Yahooでポイント還元率は3%!また、ショッピングガード保険もついており、万が一購入商品が破損しても補償してくれます。
楽天カード 永久無料 対象サイト:楽天市場
楽天市場でのポイント還元率は3〜12%!普段使いも最大ポイント2倍
JCB CARD W 永久無料 対象サイト:amazon
ポイント還元率は常時1%と、かなりの高還元率カード。amazonでの利用でポイント還元率は2%!ポイントモールを利用すれば、獲得ポイントが最大20倍になることも!
三井住友VISAクラシックカード 初年度:無料
2年目以降:1,250円
※条件次第で無料
銀行系クレジットカードで24時間不正なカード利用をチェックしているので、セキュリティは万全。ポイントモールを利用すれば、獲得ポイントが最大20倍になることも!
■関連記事

リアル店舗での買い物が多い人

もっと効率よくポイントを貯めたいんだけど、普段使いしているお店でポイント優待を受けれるクレジットカードって何があるの?

ポイント還元率が上がる以外にも、割引や様々な優待サービスを受けることができるクレジットカードもあるぞ。 特定の店舗を頻繁に利用しているなら、店舗に合わせてクレジットカードを使い分けるのが賢いポイントの貯め方じゃ。

え、割引も受けれるの!!賢く使い分けたい!

利用店舗によってポイント還元率を大幅に上げたり、割引・サービスを受けたい人にぴったりなのが、流通系クレジットカード。
流通系クレジットカードとは、スーパー・家電量販店・小売店・百貨店・コンビニなど、各店舗が発行しているクレジットカードのことで、節約をしたい人を中心に人気があります。
クレジットカードの審査も比較的甘いため、主婦・専業主婦・学生・アルバイト・パート・無職など、幅広いタイプの方でも問題なく申し込みが可能。
年会費無料のクレジットカードも多いので、1枚もっておくだけでも損はありません。
いつも利用する店舗が決まっているという方は、非常にお得&節約できるので、サブカードとして発行するのもオススメです。

各店舗ごとに最もお得なクレジットカードを見ていきましょう。

スーパー・家電量販店・小売店

スーパーなどの小売店発行の流通系クレジットカードは、年会費無料がほとんど。

カード 年会費 ポイント還元率
イオンカードセレクト 永久無料 対象店舗:イオン系列の各店舗
イオンカード・WAON・イオンバンクカードが1枚に集結!毎月10日はポイント2倍、20日・30日は5%OFF!最大5.5%も還元!これ1枚持っていれば、イオンを120%使い倒すことができます
セゾンカードインターナショナル 永久無料 対象店舗:西友・LIVIN・サニー
西友・LIVINで毎月第1・第3土曜日に5%OFF!その他にもレストランやホテルなど様々なジャンルの優待店で10%OFFなどお得な割引を受けれます。
セブンカード・プラス 初年度:無料
2年目以降:500円
※前年度に5万円以上利用で無料
対象店舗:セブン&アイグループ
セブン&アイグループの各店舗で、200円ごとに3ポイント貯まる!毎月8のつく日は、イトーヨーカドーで5%割引
ビックカメラSuicaカード 基本無料
※1年に一回でも使えば翌年度も無料
対象店舗:ビックカメラ・コジマ・ソフマップ
ビックカメラのお買物で最高11.5%ポイント還元!通常還元率も1%と高く、ビックカメラをあまり使わない人でもお得なカードです。
■関連記事

百貨店

百貨店系クレジットカードを選ぶポイントは非常に簡単で、普段よく使う百貨店が発行しているクレジットカードを使う事。
多くの百貨店で、5~10%と高いポイント還元率を受けることが可能なので、年会費のかかるカードでもすぐに元が取れます。

また、鉄道利用によるポイント二重取りや食品売場の還元率が2倍、一等地の駐車場に無料駐車できるなど、百貨店の利用頻度が多い人にとってお得なサービスが付帯されているクレジットカードもあります。

カード 年会費 ポイント還元率
タカシマヤカード 初年度:無料
2年目以降:2,000円
対象店舗:タカシマヤ
髙島屋で8%とかなりの高還元率!他カードは購入金額が低いと、2.5~5%と低めの設定になるなかで、高還元率を維持してくれることは好印象です。
大丸松坂屋カード 初年度:無料
2年目以降:500円
対象店舗:大丸、松坂屋
年間購入金額が一番低いランクで5%ですが、ポイントアップ期間中は2%アップの合計7%となります。
クラブ・オン/ミレニアムカード セゾン 2,000円 対象店舗:西武百貨店、そごう
ポイント還元率は最大で7%!ポイントはnanacoなどに変換できるため、ポイントが無駄にならない非常に便利な1枚です。
ペルソナSTACIAアメックスカード 14,000円 対象店舗:阪急百貨店、阪神百貨店
年間30万円以下は5%、30万円以上で7%、50万円以上で10%と年間利用金額が低くても、高還元率という特徴を備えています。
エポスカード 永久無料 対象店舗:マルイ
マルイでのお買い物はポイント2倍!さらに、年4回開催されるイベントでは、マルイで10%オフになります。

百貨店でおすすめのクレジットカードは、百貨店でポイント還元率10%?!百貨店系クレジットカードを徹底比較!で詳しくまとめておるぞ。

コンビニ

普段使いが多いコンビニでも、クレジットカードによってポイント還元率を上げることができます。
基本的に各コンビニが発行しているクレジットカードが、そのコンビニでのポイント還元率が高いですが、 一般的にポイント高還元率と言われるクレジットカードでも高い還元率を得ることが可能です。

しかし、コンビニは少額の買い物がほとんどなので、わざわざクレジットカードで決済するのが恥ずかしい人も多いと思います。
そんな方は、スマホのおサイフケータイ利用がおすすめ!
iPhoneはApple Pay、AndroidはGoogle Payにクレジットカードを登録しておけば、レジでピッとスマホをかざすだけで買い物ができます。
コンビニ以外でもスマホ決済ができるようになるので、かなり便利ですよ。

カード 年会費 ポイント還元率
ファミマTカード 永久無料 対象コンビニ:ファミリーマート
年会費無料で最大4%の還元率を誇る、ファミマで利用できる中で最強のクレジットカード
JCB CARD W 永久無料 対象コンビニ:セブンイレブン
ポイント高還元率カードとして有名なJCBカードWですが、セブンイレブンでの還元率はなんと4%!セブンイレブンで最も還元率の高いカードです
dカード 初年度:無料
2年目以降:1,250円
対象コンビニ:ローソン
ローソンでのポイント還元率は5%!ローソン以外でも常時1%ポイント還元で使い勝手の良いカードです。

各コンビニ毎のポイント還元率の高いクレジットカードは、以下の記事で詳しくまとめました。

マイルを効率よく貯めたい人

友達がクレジットカードで貯めたマイルで空港券を手に入れたって聞いたんだけど・・・。無料で海外に行けるなんてうらやましい!私もマイル貯めたい!

最近マイラーが増えておるの。クレジットカードでマイルを効率よく貯めるために、まずは〇〇について抑えておくのじゃ!

航空系クレジットカードを常時に活用して無料航空券を手に入れるなど、マイラーが今増えてきています。
しかし、いざマイルを貯めようと思っても、何をどうしていいか分かりずらいですよね。 マイルを効率よく貯めるために、以下3点をまず抑えておきましょう。

1.航空系クレカを使って飛行機に乗る
⇒マイルを貯める王道方法。JALなら最大25%、ANAなら10~50%のボーナスマイルがもらえます。
2.航空系クレカに支払いを集中させる
⇒複数枚のクレカを使ってしまうとポイントが分散してしまい、マイルの獲得効率が悪くなります。普段の買い物はもちろん、水光熱費・スマホ代なども1枚に集約しましょう
3.共通ポイントをマイルに交換する
⇒JALならPonta・dポイント、ANAならTポイント・nanacoポイントなど、貯まった共通ポイントはマイルに交換できます。可能な範囲でそれぞれの共通ポイントが貯まる提携店を利用しましょう

各航空会社別でおすすめのクレジットカードをいくつかご紹介します。

カード 年会費 備考
ソラチカカード 初年度:無料
2年目以降:2,000円
航空会社:ANA
カード利用でOkidokiポイント、東京メトロの利用でメトロポイントが貯まる!貯まったポイントはマイルに交換できるので、陸マイラーにピッタリのカードです。
ANAアメリカン・エキスプレス・カード 7,000円 航空会社:ANA
ポイント移行コースで実質マイルの有効期限なし!提携店の利用で ポイント&マイルのダブルゲット。毎年、継続ボーナスで1,000マイルプレゼント!
JALカード 初年度:無料
2年目以降:2,000円
航空会社:JAL
ショッピングとフライトでJALマイルを貯める基本の1枚。JALへの搭乗でボーナスマイルがもらえる
JALカード「TOKYU POINT ClubQ」 初年度:無料
2年目以降:2,100円
航空会社:JAL
PASMOやWAONのチャージでマイルが貯まる!TOKYU POINTOもマイルの交換可能
デルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・カード 12,000円 航空会社:デルタ航空
デルタ航空のチケット購入やその他支払でマイルが2倍!ビジネスクラス用の優先チェックインを利用可能

通勤・通学で鉄道を利用している人

先生、鉄道系クレジットカードを使えば、定期代もポイント貯めれるって聞いたんだけど、本当?

もちろん可能じゃ。定期代を現金払いや交通ICカードで払っておるのはかなり損をしておるぞ。鉄道系クレジットカードを使えば、その他にも様々なメリットがあるのじゃ。

鉄道系クレジットカードとは、交通系ICカードとクレジットカードが一体型になったカードのこと。
定期代を現金や交通ICカード払いしている人も多いと思いますが、鉄道系クレジットカードを使えば定期代もポイント還元にすることが可能なんです!
例えば、年間15万円の定期代を払っている人なら、1%還元で1,500円、1.5%還元で2,250円もポイントがもらえます。
貯まったポイントは定期代に使うこともできるので、無駄がありません!

さらに、鉄道系クレジットカードのオートチャージ機能を使えば、不足額をいちいちチャージするといった面倒な作業は不要!
だから改札で止まることも無くなります!
電子マネー・定期券・クレジットカードなど、全て1枚でまかなえるので、お財布の中もスッキリしますね。

定期代のポイント還元の他にも、各鉄道会社の系列店舗でポイント優待や割引を受けることができるので、年会費のかかるクレジットカードでも元はすぐにとれますよ。

カード 年会費 備考
ビューSuicaカード 初年度:477円
2年目以降:477円
交通IC:Suica
発行鉄道:JR東日本
オートチャージでポイント3倍、定期・きっぷ購入でポイント3倍!利用額に応じてボーナスポイント有。モバイルsuica年会費(1,030円/税込)が当面無料!
イオンSuicaカード 永久無料 交通IC:Suica
発行鉄道:
年会費無料で持てるSuica付帯のクレカ。イオン対象店舗でポイントいつでも2倍!毎月10日はどこで利用してもポイント2倍!
ソラチカカード 初年度:無料
2年目以降:2,000円
交通IC:PASMO
発行鉄道:東京メトロ?
東京メトロで1乗車ごとにポイントGET!平日5P、土休日なら15P。マイル、メトロポイント、OkiDkiポイント全てが貯まる
OPクレジットカード 初年度:無料
2年目以降:100円※年1回以上利用で無料
交通IC:PASMO
発行鉄道:小田急線
PASMOオートチャージに対応ポイントも貯まって便利でお得!小田急ポイント加盟店ならポイント2重取り可能
TOKYU CARD ClubQ JMB 初年度:無料
2年目以降:1,000円
交通IC:PASMO
発行鉄道:東急線
PASMO一体型なら定期もクレカも1枚でOK。東急グループの施設ご利用で最大10%還元!
■関連記事

海外旅行が多い人

海外旅行ってトラブルがつきものだけど、毎回旅行保険かけるのってもったいないのよね・・・。
海外旅行向けのクレジットカードって何を基準に選べばいいの?あとどんなサービスがあるの?

海外旅行保険の補償額がしっかりついたクレジットカードを持っておけば安心じゃぞ。 海外旅行向けクレジットカードには、他にも空港ラウンジ利用やトラベルサービス、使い勝手など、色々な側面から総合的に選ぶのがオススメじゃ。

今や海外旅行にクレジットカードは必須ですが、海外向けクレジットカードを選ぶ基準は以下の4点です。

  • 海外旅行保険の補償内容で十分カバーできるか?
  • 空港ラウンジを利用したいか?
  • トラベルサービスは充実した方がいいか?
  • 訪れる国で使える国際ブランドか?

1つ1つ詳しくみていきましょう。

ポイント1:海外旅行保険の補償内容で十分カバーできるか?

海外旅行保険はほとんどのクレジットカードで付帯されていますが、単純に最大補償額が高いカードを選べばいいという訳ではなく、以下の3点が最も重要です。

利用の可能性が高い傷害治療費用が、しっかり補償されているか?
海外旅行保険で最も大事なのが、起こる可能性が高いケガがカバーされているかということ。 よく「最高1億円補償!」など最大補償額に目が行きがちですが、これは死亡後遺障害になるので、使う機会はほぼありません。
実際に海外では、ケガの治療や入院で使うケースが最も多いので、傷害治療費用がしっかりついているかが最低条件です。
その他にも、携行品損害や航空便遅延費用補償など、割と使う機会が多そうな内容が補償されているかに注意しましょう。
利用付帯・自動付帯どちらか?
クレジットカードの海外旅行保険は、所有しているだけで保険が適用される「自動付帯」と、旅行のツアー代金などを、事前にクレジットカードで支払うことで始めて適用される「利用付帯」の2種類があります。
自動付帯の方が確実に保険適用されて便利ですが、利用付帯でも空港までのタクシー代をクレカ払いするなど、一部で利用すれば適用されるのでカバーは可能です。
家族特約の有無
家族がいる方は、家族特約の付いたクレジットカードをもっておくと、自分だけでなく家族の補償もカバーすることができます。(配偶者・子供・親などの親族まで対象)
海外旅行保険は複数のクレジットカードと合算できるので、1枚では不安という方は2枚以上持っておくと安心です。

ポイント2:空港ラウンジを利用したいか?

空港ロビーでの待ち時間は、お世辞にも過ごしやすいとは言えませんよね。
ゆったりとフライトまでの時間を過ごしたい方は、空港ラウンジを有効活用しましょう!
空港ラウンジのサービスには、ドリンク・アルコール・軽食が食べ飲み放題、マッサージチェア、アメニティグッズ、インターネット、新聞・雑誌が完備など、 とにかくサービスが充実しているので、一度利用すれば癖になる事間違いなし。

そんな空港ラウンジを無料できるクレジットカードは、一般的にゴールドカード以上がほとんど。
空港ラウンジを無料利用できるクレジットカードを選ぶ上で、重要なポイントは以下の4点です。

Q.国内・海外どちらの旅行が多いか?
⇒クレジットカード毎に、国内・海外で利用できる空港ラウンジの数が異なるため、よく利用する空港で利用できるか必ずチェックしましょう
Q.カードラウンジ・航空ラウンジどちらを使いたいか?
⇒クレジットカードで利用できる空港ラウンジは、カードラウンジが通常ですが、さらにワンランク上のサービスを受けれる航空ラウンジというものも存在します。
Q.年会費は無料?有料?
年会費と利用可能空港数はだいたい比例しています。年会費無料で空港ラウンジを利用できるクレジットカードもありますが、利用できる空港数が少ないので注意しましょう。
Q.同伴者も無料利用したいか?
通常空港ラウンジを無料利用できるのは本人のみですが、同伴者が無料になるクレジットカードもあります。

空港ラウンジ無料のおすすめクレジットカードはもう迷わない!空港ラウンジを無料で利用するためのクレジットカード選びで詳しくまとめておるぞ。

ポイント3:トラベルサービスは充実した方がいいか?

海外向けクレジットカードは、旅行保険・空港ラウンジ利用以外にも様々なトラベルサービスが用意されています。

  • 旅行の計画・手配
  • 自宅と空港の間の手荷物を無料配送
  • 空港で手荷物を無料配送
  • 空港までのタクシー代が割安の定額料金
  • 空港から近い安全な駐車場を割引・優待料金で利用
  • パッケージツアー割引
  • 海外レンタカー優待サービス
  • トラブル時のサポート

上記はほんの一例で、その他にも各クレジットカード毎に様々なトラベルサービスがあります。
面倒な作業をサポートしてくれたり、割引も受けれるので、海外旅行がより快適に楽しくなるのは間違いないですね。
とくにアメックスカードはトラベルサービスが豊富なので、ぜひチェックしてみてください。
海外旅行保険が十分で空港ラウンジ利用もできるクレジットカード数枚で悩んでいる場合は、トラベルサービスの充実さで選ぶといいでしょう。

ポイント4:訪れる国で使える国際ブランドか?

国際ブランドによってシェア率や加盟店数が異なるため、国によってはクレジットカードが使えないなんてトラブルも考えられます。
基本的にVISA、Masterをもっていれば、世界中で利用できることがほとんどですが、JCB、AMEX、ダイナーズの場合は、使い勝手の悪い国もあるので、必ずチェックしておきましょう。
異なる国際ブランドのクレジットカードを2枚以上持っておけば、大体はカバーできるので安心です。

総合的に海外旅行に人気のクレジットカードがこちら

以上のことを踏まえたうえで、おすすめのクレジットカードがこちら。
海外旅行保険・空港ラウンジ・トラベルサービスなど、総合的に充実しているクレジットカードとなるとどうしてもゴールドカード以上になります。
年会費は少し高めですが、一般カードにはない特典が満載ですので、年会費のもとはすぐ取れてしまうでしょう。

カード 年会費 備考
アメックスグリーン 初年度:無料
2年目以降:12,960円
海外旅行保険:最高5,000万円(自動付帯)
傷害治療費用:100万円
空港ラウンジ:
手軽な年会費でアメックスのトラベルサービスが利用できる!
アメックスゴールド 初年度:無料
2年目以降:29,000円
海外旅行保険:最高1億円(自動付帯)
傷害治療費用:300万円
空港ラウンジ:
航空遅延補償・プライオリティパスが年2回無料になるなど、アメックスグリーン以上のトラベルサービスが魅力!
JCBゴールドカード 初年度:無料
2年目以降:10,000円
海外旅行保険:最高1億円(自動付帯)
傷害治療費用:300万円
空港ラウンジ:
家族カード(年会費無料)を使えば、最大4名まで空港ラウンジを利用可能。海外旅行保険は他のゴールドカードのコスパと比べて最高クラス!
三井住友VISAゴールド 初年度:無料
2年目以降:10,000円
※条件次第で4,000円
海外旅行保険:最高5,000万円(自動付帯)
傷害治療費用:300万円
空港ラウンジ:
国内外問わず最も加盟店が多い安心の国際ブランドなので1枚持っておけばどこでも使えます

それでも年会費が高いのはちょっと…という方は、以下のカードが使い勝手が良くオススメです。

カード 年会費 備考
三井住友VISAクラシックカードA 初年度:無料
2年目以降:1,500円
※条件次第で無料
海外旅行保険:最高2,500万円(自動付帯)
傷害治療費用:100万円
空港ラウンジ:×
海外旅行用として根強い人気のある、安心のVISAカード。もしもの時の保障やサポートもしっかりしているのも魅力です。
エポスカード 永久無料 海外旅行保険:最高500万円(自動付帯)
傷害治療費用:200万円
空港ラウンジ:×
年会費無料とは思えない海外旅行保険内容!しかも自動付帯というのは驚きです。

車の運転が多い人

ロードサービスって結構な額かかるし、ガソリン代とか最近車にかかるお金がつらいんだよね・・・。

車を頻繁に運転するなら、カーライフ特化のクレジットカードを1枚持っておくのじゃ!ロードサービスが無料になったり、ガソリン代割引などお得じゃぞ。

ガソリン割引クレジットカードの選び方

ドライバーにとってガソリン代は1円でも安くしたいですよね。
各ガソリンスタンド毎に専用のクレジットカードが発行されており、うまく使えばリッター7円なんて割引を受けることも可能なんです!

ガソリン割引のクレジットカードを選ぶ基準は2つで、これさえ押さえれば迷うことはありません。

Q.特定のガソリンスタンドをよく利用するか?
⇒する:石油会社発行のクレジットカード
⇒しない:ポイント高還元のクレジットカード
Q.ガソリンスタンドの利用頻度はどのくらいか?
⇒多い:利用額によって割引額が上がるタイプ
⇒少ない:一律値引きタイプ

ガソリン割引のおすすめクレジットカードはガソリン代を1円でも安く!失敗しないガソリン割引クレジットカードの選び方まとめで詳しくまとめておるぞ。

ロードサービス付帯クレジットカードの選び方

ガソリン代と合わせてドライバーの不安の種が、もしもの時の事故や車のトラブル。 自分は大丈夫と思っている人も多いですが、トラブルはいつ起こるかわかりません。

その際にJAFなどのロードサービスを利用しても、数万円と結構なコストがかかってしまいます。
かといって万が一のことを考えてJAF会員になるとしても、年会費4,000円と結構なコストに・・・。出来れば保険の支出は抑えたいですよね。

最近のロードサービス付帯のクレジットカードの補償内容は、JAF並みに充実してきており、1枚持っておくと安心です。

各クレジットカードによってロードサービス補償内容が若干違ってきますので、年会費と比較しながら選びましょう。中には年会費無料でロードサービスが付帯されているカードもあります。

ロードサービス付帯のおすすめクレジットカードは「コスパ最高のロードサービスはココ!JAFとクレジットカード10社徹底比較」で詳しくまとめておるぞ。

カーライフ特化の一押しクレジットカード

各ガソリンスタンド毎に、最もガソリン割引されるクレジットカードをピックアップしました。
ロードサービスも付帯されているので、ドライバーの方は必見です。

カード 年会費 備考
コスモ・ザ・カード・オーバス 初年度:無料
2年目以降:無料
コスモ石油でリットルあたり3~6円割引。さらに今なら入会特典として、燃料油50リットル(最大500円)までキャッシュバック(入会から最大3ヶ月間)
ENEOSカード(C) 初年度:無料
2年目以降:1,250円
ENEOSカードの中で最もガソリン割引を受けることができ、毎月のカード利用金額に応じてガソリン・軽油が最大7円/L引きになります。
出光カードまいどプラス 初年度:無料
2年目以降:無料
出光で常にガソリン・軽油が2円/L、灯油が1円/Lの値引きが受けれる、年会費永久無料のお得なカード。「ねびきプラスサービス」を使えば、最大で8円/Lの値引き可能
シェル・Pontaクレジットカード 初年度:無料
2年目以降:1,250円※年1回利用で無料
昭和シェル石油で、給油1Lにつき2ポイントが貯まります(ガソリン・軽油合計150L/月まで適用)

新着記事

クレジットカード絞り込み検索
カードタイプ
年会費
ポイント還元率
国際ブランド
電子マネー
発行スピード
付帯保険